デジタル庁事務方トップに石倉洋子氏を起用へ…政府が最終調整

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、9月に発足するデジタル庁の事務方トップとなるデジタル監に、一橋大名誉教授の石倉洋子氏(72)を起用する方向で最終調整に入った。

石倉洋子さん
石倉洋子さん

 石倉氏は、米コンサルティング会社の出身で、経営戦略やグローバル人材の活用などを専門とする経営学者。米ハーバード大大学院で経営学博士を取得し、青山学院大や慶大で教べんをとった。資生堂や積水化学の社外取締役も務めている。

 政府は米マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボ所長を務めた伊藤穣一氏を起用する方向だった。伊藤氏が、起訴された米実業家から資金提供を受け、同所長を辞任した経緯を疑問視する声があり、起用を見送った。

 デジタル庁設置は菅内閣の看板政策で、デジタル監は各府省の事務次官に相当する。平井デジタル改革相はデジタル監に、民間人女性を起用したい考えを示していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2314925 0 政治 2021/08/26 01:30:00 2021/08/26 01:30:00 2021/08/26 01:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210826-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)