[ニュースQ+]総裁選 仕組みは?…議員・党員同数 計766票で争う

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 Q 自民党総裁選の仕組みは。

岸田内閣が発足 新閣僚20人の横顔を紹介 

 A 党所属の国会議員(衆参両院議長を除く)と党員・党友が投票権を持つ。今回は、任期満了に伴う総裁選のため、全国一斉の党員投票を行う「フルスペック」で実施される。国会議員は1人1票で、383票(26日現在)。党員票は国会議員票と同数で、得票数に応じて各候補にドント方式で比例配分される。議員票と党員票を合わせた合計766票で争われ、有効票の過半数を獲得した候補が選ばれる。

 3人以上の候補が争い、1回目の投票で過半数を得た候補がいなかった場合、上位2人による決選投票になる。決選投票では、国会議員は1人1票で、1回目と同じ383票。党員票は都道府県に1票ずつ配分され、47票となる。2人のうち、各都道府県で得票が多い候補が1票を獲得する。議員票と党員票を合わせた430票で争う仕組みだ。

 Q 党員投票の資格は。

 A 党総裁公選規程では、2019、20年と2年連続で党費を納めた日本国籍を持つ20歳以上の党員に選挙権を与えるとしている。今回は18年総裁選と同様に特例措置として、18、19歳でも党費を納めていれば投票でき、党費納入についても20年の1年間のみで投票を認める。「幅広い党員の意見を反映させる」(党関係者)ためで、投票権を持つ党員は約97万人から約113万人に増える見込みだ。

 Q 昨年9月の総裁選は。

 A 全国一斉の党員投票は見送られた。安倍首相の任期途中での辞任表明に伴い、党則で定められた「特に緊急を要するとき」に該当したためだ。国会議員393人と47都道府県連の代表者各3人(計141人)の投票のみで、菅総裁が選出された。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2318043 0 政治 2021/08/27 05:00:00 2021/08/27 12:50:40 2021/08/27 12:50:40 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210827-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)