下村政調会長、総裁選出馬を断念…首相から辞任迫られ「今の職務に専念する」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

自民党総裁選への出馬を見送る考えを表明する下村政調会長(30日午後、自民党本部で)=源幸正倫撮影
自民党総裁選への出馬を見送る考えを表明する下村政調会長(30日午後、自民党本部で)=源幸正倫撮影

 自民党の下村政調会長は30日、党本部で記者団に、9月の党総裁選への出馬を断念すると表明した。菅首相(党総裁)から、出馬する場合は速やかに政調会長を辞任するよう迫られたためだ。下村氏は「新型コロナウイルス対応、補正予算の取りまとめに全力で取り組むことが大切だ。今の職務に専念する」と述べた。

岸田内閣が発足 新閣僚20人の横顔を紹介 

 下村氏は30日、首相官邸で首相と約10分間会談した。下村氏によると、新型コロナ対策のための追加経済対策の議論を党で始めるにあたり、首相から「総裁選に出馬するなら、(取りまとめを)お願いできない」と伝えられたという。下村氏は「出馬するために政調会長を辞任することは、党の政策責任者としての責任を放棄することになり、私利私欲と映ってしまう」と記者団に語った。

 下村氏は出馬への意欲を繰り返し示してきた。党内からは「首相を支える党三役としての自覚がない」などと批判が出ていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2326748 0 政治 2021/08/30 16:32:00 2021/08/30 20:18:34 2021/08/30 20:18:34 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210830-OYT1I50137-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)