読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】自衛隊機、アフガン人協力者は取り残されたまま撤退へ…準備の遅れが響く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「バスを手配した。出発の準備をしてほしい」

 国際協力機構(JICA)のアフガニスタン人職員らの元に日本政府側から出国準備の連絡があったのは、8月25日のことだった。

埼玉県狭山市の航空自衛隊入間基地を出発する航空自衛隊のC130輸送機(24日)
埼玉県狭山市の航空自衛隊入間基地を出発する航空自衛隊のC130輸送機(24日)

 翌26日午前7時頃、「集合場所に集まるように」との指示があり、職員らは首都カブール中心部の集合場所に向かった。

 だが、バスの出発直後、カブールの国際空港で自爆テロがあり、引き返さざるを得なかった。

 日本政府は、大使館やJICAで働くアフガン人職員と家族ら約500人の国外退避を目指して自衛隊の輸送機3機を派遣した。だが、邦人1人を退避させただけで、アフガン人協力者らは取り残されたままだ。

 米軍のアフガニスタンからの撤収に合わせ、岸防衛相は近く、隣国パキスタンの首都イスラマバードの空港に待機させている輸送機に撤退を命じる方針だ。

 欧米各国や韓国は多くのアフガン人協力者の退避に成功した。退避に向けた準備の遅れが、明暗を分けた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2327820 0 政治 2021/08/31 05:00:00 2021/08/31 17:38:12 2021/08/31 17:38:12 アフガニスタンへの邦人等輸送に向け自衛官を乗せて出発するC130輸送機(24日午後1時19分、埼玉県狭山市の航空自衛隊入間基地で)=大石健登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210830-OYT1I50170-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)