読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

菅首相が退陣へ…唐突な人事に党内の反発強まり、再選は困難と判断

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相(自民党総裁)は3日午前の党臨時役員会で、党総裁選(17日告示・29日投開票)に出馬しない意向を表明した。昨年9月16日に発足した菅内閣は1年余りで幕を閉じる。これまで出馬する考えを示してきたが、新型コロナウイルス対応への批判に加え、人事を唐突に打ち出したことなどに党内の反発が強まり、再選は困難と判断した。総裁選は首相抜きの新たな構図で展開される。

自民党の臨時役員会に出席した菅首相(3日)
自民党の臨時役員会に出席した菅首相(3日)

 首相は3日午後、首相官邸で「総裁選が始まると、コロナ対策と選挙活動を考えた時、 莫大ばくだい なエネルギーが必要だが、両立はできない。どちらかを選択すべきだ。感染拡大を防止するために(首相の職務に)専念したい」と記者団に語った。来週、記者会見を開き、総裁選に出馬しない理由を説明する。6日に予定していた人事は行わない。

 首相の9月末の任期満了に伴う今回の総裁選には、岸田文雄・前政調会長も出馬を表明している。党改革を掲げた岸田氏への支持が高まり、劣勢がささやかれる中、首相は二階幹事長ら党役員を交代する人事に踏み切る方針を打ち出した。

 しかし、総裁選直前の異例の人事には、党内からは「自らの延命のため」と反発が強まっていた。衆院選を巡っても、解散か、解散を伴わない「任期満了選挙」かについて判断が揺れ動いた。こうした情勢を踏まえ、総裁任期限りでの退陣を決断したとみられる。

 首相は昨年9月、持病の悪化で退陣を表明した安倍前首相の後任を選ぶ総裁選で、岸田氏と石破茂・元幹事長を大差で破り、首相に就いた。当初は高い内閣支持率を記録したが、新型コロナ対応が批判を浴び、支持率は低迷。主要な国政選と地方選で敗北を重ね、8月には地元の横浜市長選で全面支援した前国家公安委員長の小此木八郎氏が敗れ、党内では「菅首相では衆院選を戦えない」との声が強まっていた。

 一方、総裁選は当初の日程のまま行われる。岸田氏のほか、高市早苗・前総務相も出馬に意欲を示している。岸田氏は「状況をよく確認した上で、改めて考えを申し上げる。総裁選への思いは変わっていない」と述べた。

 首相の不出馬を受け、知名度が高い石破氏や、河野行政・規制改革相らが出馬するかどうかが今後の焦点となる。河野氏は3日午前の記者会見で、総裁選出馬について「まず(首相)本人の意向を確認したい」と述べるにとどめた。

 自民党は3日午前、総裁選挙管理委員会(委員長=野田毅・元自治相)の会合を党本部で開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて党主催の地方遊説は行わないことを決めた。

 次期衆院選の日程は新総裁が決めることになる。総裁選後に首相指名と組閣を行う必要があり、投開票は衆院議員任期満了の10月21日以降にずれ込む見通しだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2337115 0 政治 2021/09/03 11:57:00 2021/09/03 15:42:33 2021/09/03 15:42:33 自民党の臨時役員会に臨む(右から)佐藤総務会長、菅首相、二階幹事長、下村政調会長(3日午前11時33分、東京都千代田区の党本部で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210903-OYT1I50076-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)