読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

河野氏近く出馬表明、高市氏を安倍氏が支援…「総裁選」週明け本格化

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相の不出馬表明で構図が一変した自民党総裁選は、週明けから動きが本格化する。高市早苗・前総務相(60)は、安倍前首相の支援を取り付けて推薦人確保のめどがつき、出馬できる環境が整った。既に立候補表明している岸田文雄・前政調会長(64)や、出馬の意向を固めている河野太郎行政・規制改革相(58)のほか、石破茂・元幹事長(64)らも意欲を見せており、混戦となりそうだ。

 総裁選は17日告示、29日投開票の日程で行われる。

 高市氏は8月上旬に、出馬を目指す考えを表明。無派閥のため、出馬に必要な推薦人20人の確保が課題だった。安倍氏周辺によると、最大派閥・細田派(96人)に影響力を持つ安倍氏が高市氏を支援する意向を固め、細田派議員や竹下派幹部らに伝えている。細田派としての対応は決まっていないが、安倍氏は必要であれば、高市氏の推薦人確保で協力する構えだ。

 高市氏は保守的な政治信条で知られ、安倍氏と近い。保守系の勉強会で細田派議員と行動を共にしており、同派議員が支持基盤の中核となりそうだ。今後、発信の機会を増やす。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2341409 0 政治 2021/09/05 05:00:00 2021/09/05 11:16:02 2021/09/05 11:16:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210905-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)