読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「F35B」の配備計画、宮崎・新富町長が事実上容認…「受け入れ前提に協議進めたい」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 最新鋭ステルス戦闘機「F35B」の航空自衛隊 新田原にゅうたばる 基地(宮崎県新富町)への配備計画をめぐり、新富町の小嶋 崇嗣そうし 町長は6日の町議会で「受け入れを前提に協議を進めたい」と述べ、事実上、受け入れを容認した。防衛省が騒音対策に取り組む方針を示したことを理由の一つに挙げている。

F35B
F35B

 防衛省は7月、新富町と宮崎県などに、2024年度に6機、25年度に2機配備し、将来的に1個飛行隊(約20機)を編成する方針を伝えていた。実現すれば、自衛隊基地への配備は初めてとなる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2345533 0 政治 2021/09/06 20:15:00 2021/09/06 20:15:00 2021/09/06 20:15:00 フレンドシップデーで飛行するF35B(5日午後0時49分、山口県岩国市で)=加藤祐治撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210906-OYT1I50100-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)