読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

菅首相が今月下旬に訪米、バイデン氏に退陣の意向を直接説明へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は今月下旬に訪米し、バイデン大統領と首脳会談を行う方向で調整に入った。退陣の意向を直接説明し、後任の首相の下でも日米同盟の強化を目指す姿勢を伝える見通しだ。

 菅首相は今年4月に訪米し、世界の首脳で最初に対面でバイデン氏と会談した。お互いを「ヨシ」「ジョー」と呼び合うなど、親密な関係を築いた。

 バイデン政権は日米同盟を重視する姿勢を示している。懸案となっていた在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)について、日本側の主張を受け入れ、負担水準を変更しなかった。また、バイデン氏はコロナ禍での東京五輪・パラリンピックの開催を支持した。

 首相は会談でこれらの協力について謝意を述べる。中国に対抗するため、日米豪印4か国の協力枠組みの結束強化も確認する方向だ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2352014 0 政治 2021/09/08 23:08:00 2021/09/08 23:08:00 2021/09/08 23:08:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)