読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国海軍の潜水艦か、奄美大島周辺の接続水域内を潜水航行…領海侵入なし

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

防衛省
防衛省

 防衛省は12日、中国海軍所属とみられる潜水艦1隻が鹿児島県・奄美大島周辺の接続水域内を潜水したまま、航行したと発表した。領海への侵入はなかった。

 潜水艦は10日午前、奄美大島の東の接続水域を北西に航行。12日午前には、鹿児島県・横当島の西南西を西に進んだ。海上自衛隊の哨戒機や護衛艦が警戒監視にあたった。

 潜水艦付近で中国海軍の「ルーヤン3級」ミサイル駆逐艦1隻が確認されたことなどから、防衛省は、潜水艦は中国海軍のものとみている。

 国連海洋法条約は、潜水艦が他国の領海を通過する際、浮上して航行することを義務づけているが、領海外側の接続水域では、浮上の義務はない。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2360545 0 政治 2021/09/12 12:26:00 2021/09/13 11:51:52 2021/09/13 11:51:52 防衛省。東京都新宿区で。2020年11月14日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210912-OYT1I50081-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)