読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

自民党竹下派の竹下亘会長が死去…兄・竹下元首相の後継で衆院7期、復興相など歴任

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党竹下派(平成研究会)会長で、党総務会長や復興相などを務めた竹下亘(たけした・わたる)衆院議員が17日午後9時15分、食道がんのため、東京都世田谷区の自宅で死去した。74歳だった。通夜と葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く。竹下氏は7月、次期衆院選に出馬せず、政界から引退することを表明していた。

竹下亘・元総務会長
竹下亘・元総務会長

 竹下氏は、竹下登元首相の弟。NHK記者、登氏の秘書を経て、2000年衆院選で登氏の後継として島根2区から初当選し、連続7選を果たした。14年9月の第2次安倍改造内閣で復興相として初入閣し、党では国会対策委員長、総務会長を歴任。登氏が創設した経世会の流れをくむ平成研究会の会長に18年4月に就任した。

 19年1月に食道がんを公表後は、会長職にとどまったまま治療に専念し、同年11月に政治活動を再開したが、今春から再び療養に入っていた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2377043 0 政治 2021/09/18 14:06:00 2021/09/18 23:23:23 2021/09/18 23:23:23 自民党竹下派の定例会合であいさつする同派会長の竹下亘・元総務会長。自民党の竹下派(平成研究会)が名門派閥の復活を目指して、派内の結束強化に努めている。20日の竹下派の定例会合に、食道がんを患った派閥会長の竹下亘・元総務会長が今年1月以来、約7か月ぶりに出席し、結束を呼びかけた。自民党本部で。2020年8月20日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210918-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)