読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

総裁選の党員投票先、河野氏41%・岸田氏22%・高市氏20%・野田氏6%…読売調査

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

自民党総裁選2021特集コーナー
公開討論会で議論を交わす総裁選立候補者(手前から河野氏、岸田氏、高市氏、野田氏)(18日、東京都千代田区で)=大石健登撮影
公開討論会で議論を交わす総裁選立候補者(手前から河野氏、岸田氏、高市氏、野田氏)(18日、東京都千代田区で)=大石健登撮影

 読売新聞社は18~19日、自民党総裁選(29日投開票)について党員・党友を対象に電話調査を行った。投票先は、河野太郎行政・規制改革相が41%でトップで、岸田文雄・前政調会長22%、高市早苗・前総務相20%、野田聖子幹事長代行6%と続いた。国会議員の支持動向調査では、岸田、河野、高市の3氏が競り合っており、1回目の投票で誰も過半数に届かず、上位2人の決選投票となる可能性が高まっている。

議員票3氏競る、決選投票の公算

 党員調査は全47都道府県で実施し、総裁選の投票権を持つ党員・党友だと確認できた1514人から回答を得た。

 投票先の調査結果を基に、党員・党友票(382票)を試算すると、河野氏177票、岸田氏94票、高市氏86票、野田氏25票となる。投票先を明らかにしなかった11%は試算に含めなかった。選んだ候補に投票しようと思う理由については、「改革意欲がある」が25%で最も多く、「政策に期待できる」23%、「人柄が信頼できる」13%が続いた。今後の自民党に最も必要だと思うことを聞いたところ、「世代交代」が37%、「派閥の解消」19%、「政治資金の透明性」15%の順だった。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2379688 0 政治 2021/09/19 22:31:00 2021/09/20 09:33:13 2021/09/20 09:33:13 自民党総裁選の討論会に臨む(左から)河野太郎行政・規制改革相、岸田文雄・前政調会長、高市早苗・前総務相、野田聖子幹事長代行(18日午後3時8分、東京都千代田区で)=大石健登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210919-OYT1I50096-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)