読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

河野・岸田・野田3氏が「子ども庁」早期設置に意欲…高市氏は明言避ける

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党総裁選(29日投開票)に立候補している河野太郎行政・規制改革相、岸田文雄・前政調会長、高市早苗・前総務相、野田聖子幹事長代行は22日、国会内で開かれた子ども政策に関する討論会に臨んだ。菅内閣が進めている「こども庁」の創設について、河野、岸田、野田3氏が早期設置に意欲を見せたのに対し、高市氏は明言しなかった。

こども庁創設に向けての討論会に臨む自民党の(左から)河野行政・規制改革相、岸田前政調会長、野田幹事長代行(22日午前、国会内で)=米山要撮影
こども庁創設に向けての討論会に臨む自民党の(左から)河野行政・規制改革相、岸田前政調会長、野田幹事長代行(22日午前、国会内で)=米山要撮影

 討論会は、党内の有志議員による勉強会が主催した。高市氏はビデオメッセージで参加した。4氏は子ども政策の担当閣僚を置くことや関連予算を増額することで一致した。

 河野氏は、「こども庁をつくる以上、何を実現するかを明確にしないといけない」と指摘。「子どもの自殺と虐待死ゼロ、子どもの貧困ゼロをしっかり掲げて実現したい」と訴えた。SNSを通じたいじめ問題に触れ、「デジタルの 誹謗ひぼう 中傷は断固やめさせなければいけない」と訴えた。

 岸田氏は「政策、予算、法律を一元化し、各省の縦割りの壁を打破しないといけない」と強調。こども庁を創設して、専任の閣僚を置き、子育て家庭への教育費や住居費支援を充実させるべきだと主張した。

 野田氏は、こども庁設置に向けた関連法案について、来年の通常国会提出を目指すと明言した。「私の願いは社会の中で一番弱い人たちがいつも笑顔でいられる社会、国を作ることだ」と語った。

 一方、高市氏は低所得世帯に児童手当を18歳まで支給することを打ち出した。こども庁設置の是非については明確に答えず、「最も効率的かつ効果的な組織が何かを検討していく」と述べるにとどめた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2388269 0 政治 2021/09/22 22:49:00 2021/09/22 22:49:00 2021/09/22 22:49:00 こども庁創設に向けての討論会に臨む自民党の(左から)河野太郎行政・規制改革相、岸田文雄・前政調会長、野田聖子幹事長代行(22日午前10時48分、国会内で)=米山要撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210922-OYT1I50096-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)