読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

総裁選4候補、ロックダウン法整備の必要性で論戦…河野氏と高市氏は前向き

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党総裁選に立候補している河野太郎行政・規制改革相(58)、岸田文雄・前政調会長(64)、高市早苗・前総務相(60)、野田聖子幹事長代行(61)は23日、党主催のオンライン討論会に臨んだ。新型コロナウイルス対策で「ロックダウン(都市封鎖)」を可能にする法整備を行うべきかどうかなどについて、論戦を交わした。

政策討論会に臨む(左から)河野氏、岸田氏、高市氏、野田氏(23日)
政策討論会に臨む(左から)河野氏、岸田氏、高市氏、野田氏(23日)

 河野氏は「念のための法改正はしっかり検討していく必要がある」と主張し、ロックダウンをした場合、速やかに必要に応じた額の給付金を支払う考えを示した。高市氏も新たな変異株などに備え、「法律を作っておく必要がある」と述べた。与野党で合同チームを作り、早期に取り組むべきだとした。

 これに対し、岸田氏は、欧米などが行っている罰則付きのロックダウンは「日本には適していない」と指摘しつつ、「人流抑制のために必要な法改正は考えていきたい」と語った。

 野田氏は、ロックダウンに関する質問には回答せず、「早期発見、早期治療をしっかりとやることで重症化を止めたい」と強調し、サブホスピタル(臨時病院)の整備を訴えた。

 ロックダウンを巡っては、専門家や野党が前向きなのに対し、菅首相は「感染対策の決め手となっていない」として消極的な姿勢を示している。

 今回の討論会はコロナ禍のために中止した地方遊説に代わる初の試みで、一般市民や党員が直接、候補者に質問する形式で行われた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2389750 0 政治 2021/09/23 21:35:00 2021/09/24 01:33:12 2021/09/24 01:33:12 オンライン形式で開かれた政策討論会に臨む(左から)河野行革相、岸田前政調会長、高市前総務相、野田幹事長代行(23日午後6時、自民党本部で)=須藤菜々子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210923-OYT1I50097-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)