読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

領海侵入繰り返す中国船、高市氏・河野氏は海保法改正に前向き…岸田氏「自衛隊と連携」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野太郎行政・規制改革相、岸田文雄・前政調会長、高市早苗・前総務相、野田聖子幹事長代行は24日、自民党主催のオンライン討論会に臨み、外交・安全保障問題について議論した。

党主催のオンライン討論会に臨む(左から)河野行革相、岸田前政調会長、高市前総務相、野田幹事長代行(24日、東京都千代田区で)=大石健登撮影
党主催のオンライン討論会に臨む(左から)河野行革相、岸田前政調会長、高市前総務相、野田幹事長代行(24日、東京都千代田区で)=大石健登撮影

 沖縄県の尖閣諸島周辺で領海侵入を繰り返す中国船への対応に関して、高市氏は海上保安庁法を改正し、態勢を強化する考えを示した。河野氏は同法改正を「視野に入れる」と語った。岸田氏は「海保と自衛隊が連携し、切れ目のない対応ができるように準備する」と強調した。

 首相に就任した際に靖国神社を参拝するかどうか問われると、高市氏は参拝すると断言し、岸田氏は「時期、状況を考えた上で参拝を考えたい」と語った。これに対し、河野氏は「首相在任中はしない」と明言、野田氏も「個人としては家族と参拝するが、首相という公職ではしない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2392888 0 政治 2021/09/25 00:37:00 2021/09/25 00:37:00 2021/09/25 00:37:00 オンライン形式で開かれた自民党総裁選候補者の政策討論会に臨む(左から)河野行革相、岸田前政調会長、高市前総務相、野田幹事長代行(24日午後6時15分、東京都千代田区で)=大石健登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210925-OYT1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)