読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

敵基地攻撃論を「ピント外れだ」と河野氏、高市氏は「先に無力化した方が勝ち」…深層NEWS

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党総裁選に立候補している河野太郎行政・規制改革相(58)、岸田文雄・前政調会長(64)、高市早苗・前総務相(60)、野田聖子幹事長代行(61)が24日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、安全保障などを巡って議論を交わした。

総裁選候補者の共同記者会見に出席した(左から)河野氏、岸田氏、高市氏、野田氏(17日)
総裁選候補者の共同記者会見に出席した(左から)河野氏、岸田氏、高市氏、野田氏(17日)

 敵のミサイル発射基地などを自衛目的で破壊する「敵基地攻撃能力」の保有について、河野氏は「ミサイルを撃ち落とすことは、技術が高度化すると難しくなってくる。相手がミサイルを撃つことをためらう抑止力を日米で高めなければいけない」と主張し、敵基地攻撃論を「ピント外れだ」と批判した。

 岸田氏は「北朝鮮は日本に届くミサイルだけで500~600発持っている。第2撃への備えとして(保有も)一つの選択肢だ」と主張した。発射位置の特定が難しいという指摘に対しては、「日米で位置を確認するための技術開発を行う」と強調した。

 高市氏は「敵基地を先に無力化した方が勝ちになる。対抗手段をしっかり持ち、日本を守るための最善の努力をする」と語り、保有に前向きな姿勢を示した。

 野田氏は「どこが敵か、どんな状態か、議論されないまま言葉だけが進むのは怖い。外交が最善の安全保障だ」と訴えた。

 閣僚・党役員人事を巡り、安倍前首相や麻生副総理兼財務相を要職に起用するかどうかを聞かれたのに対し、河野氏は「総裁選を戦っているさなかに、人事についてぺらぺらしゃべるほど、不謹慎な男ではない」と言及を避けた。岸田氏は「『この人は除きます』と排斥するような議論はしてはならない」と述べるにとどめた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2392909 0 政治 2021/09/25 01:14:00 2021/09/25 07:18:43 2021/09/25 07:18:43 自民党総裁選の候補者共同記者会見に臨む(左から)河野行政・規制改革相、岸田文雄・前政調会長、高市早苗・前総務相、野田聖子幹事長代行(17日午後3時1分、東京都千代田区の自民党本部で)=源幸正倫撮影自民党総裁選の候補者共同記者会見に臨む(左から)河野行革相、岸田前政調会長、高市前総務相、野田幹事長代行(17日午後、東京都千代田区で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210925-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)