読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

自民総裁選候補者、観光振興・行動制限緩和を議論…票の上積みへ最後の追い込み

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党総裁選(29日投開票)に立候補している河野太郎行政・規制改革相(58)、岸田文雄・前政調会長(64)、高市早苗・前総務相(60)、野田聖子幹事長代行(61)は25日、党主催のオンライン討論会で、コロナ禍での観光振興策などを議論した。

オンライン形式で開かれた自民党総裁選候補者の政策討論会に臨む(左から)河野行革相、岸田前政調会長、高市前総務相、野田幹事長代行(25日午後6時17分、東京都千代田区で)=沼田光太郎撮影
オンライン形式で開かれた自民党総裁選候補者の政策討論会に臨む(左から)河野行革相、岸田前政調会長、高市前総務相、野田幹事長代行(25日午後6時17分、東京都千代田区で)=沼田光太郎撮影

 河野氏は、行動制限の緩和について「経済をどう開けば感染リスクを最小にできるか、しっかり説明し、だんだんと経済を広げたい」との考えを示した。岸田氏は「ワクチンパスポート」(接種証明書)などを使った観光支援策「Go To 2・0」を提唱し、「どういう旅行の仕方が安全か、有識者会議などで考えていく」と述べた。

 高市氏は「少人数の家族旅行などに対応した形に宿を改築するため、補助金を拡大したい」と表明した。野田氏は「なるべく早く行動制限を解除したい」とし、「Go To トラベル」再開に意欲を示した。

 各陣営は党員・党友票の上積みに向けて最後の追い込みをかけている。

 河野氏は山形県の米農家らとオンラインで意見を交わし、「稼げる農業にするため後押ししたい」とアピールした。岸田氏は東京都葛飾区で、生活保護世帯の子どもの学習支援現場を視察し、「子どもたちの居場所を全国で作っていく」と記者団に語った。高市氏は兵庫県議とオンラインで会談し、韓国が不法占拠する島根県の竹島に「これ以上、構造物は造らせない」と強調した。野田氏は知的障害者の保護者らとオンラインで意見交換し、「社会的弱者の問題を見える化し、日本のど真ん中の政策にしていく」と訴えた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2394205 0 政治 2021/09/25 21:12:00 2021/09/25 21:12:00 2021/09/25 21:12:00 オンライン形式で開かれた自民党総裁選候補者の政策討論会に臨む(左から)河野行革相、岸田前政調会長、高市前総務相、野田幹事長代行(25日午後6時17分、東京都千代田区で)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210925-OYT1I50121-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)