読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

北の発射は短距離弾道ミサイルか、低い高度を飛行…茂木外相「深刻な脅威」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は28日、北朝鮮が午前6時38分頃、弾道ミサイルとみられるもの1発を日本海に発射したと発表した。日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下した可能性が高いという。

北朝鮮が飛翔体を発射で記者の質問に答える菅首相(28日)
北朝鮮が飛翔体を発射で記者の質問に答える菅首相(28日)

 ミサイル発射を受け、菅首相は28日、情報収集・分析や国民に対する迅速・的確な情報提供などを指示した。首相官邸で記者団に「これまで以上に警戒監視を強め、発射の状況について分析中だ」と語った。

 防衛省幹部によると、発射されたのは短距離弾道ミサイルとみられ、低い高度を飛んだという。日本の船舶や航空機などへの被害報告はない。政府は飛行距離や落下地点などの分析を急いでいる。

 茂木外相は28日の記者会見で「これまでの度重なる(ミサイル)発射を含め、日本と地域の平和と安全を脅かすもので、深刻な脅威だ」と語った。

 韓国軍によると、 飛翔ひしょう 体は北朝鮮北部の 慈江道チャガンド舞坪里ムピョンリ から発射された。舞坪里は中国との国境から約40キロ・メートルの地点にある。

 北朝鮮は今月に入り、巡航ミサイルや弾道ミサイルを立て続けに発射している。15日に日本海に発射した2発の短距離弾道ミサイルは日本のEEZ内に落下した。北朝鮮は28日、最高人民会議(国会)が開催予定となっており、今回の発射は国威発揚の思惑もあるとみられる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2399810 0 政治 2021/09/28 11:28:00 2021/09/28 13:38:42 2021/09/28 13:38:42 北朝鮮が飛翔体を発射したことについて記者の質問に答える菅首相(28日午前9時1分、首相官邸で)=上甲鉄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210928-OYT1I50065-T-e1632798068584.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)