1回目投票1位・岸田氏、2位・河野氏…自民党総裁選

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相の後継を選ぶ自民党総裁選は29日午後、東京都内のホテルで国会議員票の投開票が行われた。党員・党友票をあわせた1回目の投票では、岸田文雄・前政調会長(64)が256票、河野太郎行政・規制改革相(58)が255票、高市早苗・前総務相(60)が188票、野田聖子幹事長代行(61)が63票だった。

決選投票が行われることになった岸田文雄・前政調会長(右)と河野太郎行政・規制改革相
決選投票が行われることになった岸田文雄・前政調会長(右)と河野太郎行政・規制改革相

 4人の候補者のいずれも過半数に届かなかったため、上位2人の決選投票が行われることとなった。

 1回目の投票では、党員票で河野氏が169票を獲得し、岸田氏が110票で続いた。高市氏は74票、野田氏は29票だった。国会議員票は岸田氏が146票で最も多く、河野氏が86票、高市氏が114票、野田氏が34票だった。

 総裁選は国会議員票382票と同数の党員・党友票の計764票で争われた。決選投票では、国会議員票は382票のままだが、党員票は都道府県連各1票の47票に圧縮される。都道府県連票は、上位2人のうち得票数の多い候補が1票を得る。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2403531 0 政治 2021/09/29 14:19:00 2021/09/29 15:15:44 2021/09/29 15:15:44 自民党総裁選の討論会を前に記念撮影する(左から)河野太郎行政・規制改革相、岸田文雄・前政調会長、高市早苗・前総務相、野田聖子幹事長代行(18日午後1時56分、東京都千代田区で)=大石健登撮影自民党総裁選の討論会を前に記念撮影に臨む(左から)河野行革相、岸田前政調会長、高市前総務相、野田幹事長代行(18日午後、東京都千代田区で)=大石健登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210929-OYT1I50081-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)