ロシア外相と酒勝負・お好み焼きはイカ天入りが定番・NYで人種差別経験…岸田新総裁はこんな人

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「ミスター・パーフェクト」…堀内光一郎さん 61(富士急行社長、岸田氏の日本長期信用銀行時代の後輩)

 1年先輩だった岸田さんは、裏表がなく誠実で、怒った姿を見たことがありません。自分を律し、うわさ話にも興じない「ミスター・パーフェクト」でした。一緒に飲みに行った際、私が他人に絡まれると、岸田さんが静かな低い声の広島弁で「許してやってくれんかのう」と助け舟を出してくれ、難を逃れたことがあります。「まず聞き、そのうえで伝え、リードする」という昔からの姿勢で、国難に立ち向かってほしいです。

頭が下がるほど努力…関根正裕さん 64(商工組合中央金庫社長、岸田氏と開成高校で同級生)

 野球部で二遊間を組み、一緒に汗を流しました。最初はお世辞にもうまくありませんでしたが、頭が下がるほど努力して力をつけ、皆に信頼されていました。ミーティングでは、議論をリードするというより仲間の意見を聞き、その後で自分の意見を言っていたのが印象的です。人を傷つけたり、批判したりしない点も全く変わりません。岸田だからこそ、多くの人の力を活用した上でリーダーシップを発揮し、今の時代にふさわしい首相になれると信じています。

岸田新総裁の歩み

1957.7 東京都生まれ
  63.9 通商産業省(当時)勤務の父・文武氏の転勤で米ニューヨークへ。小学1~3年生を過ごす
  73.4 都内の私立開成高校に進学
  78.4 早大法学部に進学
  82.4 卒業後、日本長期信用銀行に入行
  87.4 父・文武衆院議員の秘書になる
  93.7 自民党公認で衆院旧広島1区から出馬し、初当選
  97.9 自民党青年局長
2000.11 「加藤の乱」を経験
  07.8 第1次安倍改造内閣で沖縄・北方相として初入閣
  08.2 福田内閣の消費者相として消費者庁創設に携わる
  11.9 野党時代の自民党国会対策委員長
  12.10 宏池会(岸田派)会長に
     12 第2次安倍内閣で外相に就任。4年7か月務め、在職日数は戦後歴代2位。防衛相との兼務も経験
  15.12 外相として慰安婦問題を巡る日韓合意を実現
  16.5 外相として被爆地の地元・広島市へのオバマ米大統領(当時)の訪問を実現
  17.8 自民党政調会長
  20.9 党総裁選で菅首相に敗北
  21.9 党総裁選に勝利し、新首相就任へ〈衆院当選9回〉

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2405237 0 政治 2021/09/30 05:00:00 2021/09/30 23:43:00 2021/09/30 23:43:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210929-OYT1I50143-T-e1632994201259.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)