読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

幹事長に甘利氏で最終調整、官房長官などには萩生田氏の起用取り沙汰

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の岸田新総裁は29日、二階幹事長の後任に麻生派の甘利明税制調査会長を起用する方向で最終調整に入った。10月1日に役員人事を正式に決め、新執行部を発足させる考えだ。

甘利明税制調査会長
甘利明税制調査会長

 甘利氏は安倍前首相と麻生副総理兼財務相に近く、今回の総裁選では岸田氏陣営の選対顧問を務めた。人事では、細田派の萩生田光一文部科学相の官房長官などへの起用が取り沙汰されているほか、総裁選で戦った河野太郎氏と高市早苗氏を重要ポストで処遇する案が浮上している。

 岸田氏は29日の記者会見で、「老壮青のバランス、中堅・若手の登用が必要だ」と強調。河野、高市両氏と野田聖子氏の処遇については「党内で能力を発揮してもらえるようなことを考えていきたい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2405586 0 政治 2021/09/30 05:00:00 2021/09/30 07:43:34 2021/09/30 07:43:34 エコカー減税の延長を目指す考えを明らかにした、自民党税制調査会の甘利明会長。エコカー減税は2021年4月に期限が切れる。東京都千代田区で。2020年8月19日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210930-OYT1I50009-T-e1632948918404.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)