アフガンから退避、さらに27人のJICA現地職員ら日本に到着

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 外務省は2日、アフガニスタンから退避した国際協力機構(JICA)の現地職員ら27人が民間機で日本に到着したと発表した。

外務省
外務省

 退避したのは現地職員の5家族で、いずれもアフガン人。陸路で隣国に逃れ、日本政府の支援で1日に日本に着いた。

 水際対策のため、当面は待機施設で過ごし、本人らの希望に応じ、第三国に移動するか、日本に難民申請をするかなどを選択してもらう予定だ。

 日本政府はアフガンの日本大使館やJICA事務所で働いていた現地職員ら約500人の退避支援を表明している。9月30日にもJICA職員ら16人が日本に到着した。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2412305 0 政治 2021/10/02 02:55:00 2021/10/02 02:55:00 2021/10/02 02:55:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211002-OYT1I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)