【独自】野田氏の入閣内定、岸防衛相を再任…「経済安保相」を新設へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の岸田文雄総裁(64)は4日発足の岸田内閣で、衆院当選3回の小林鷹之・元防衛政務官(46)と無派閥の後藤茂之政調会長代理(65)を初入閣させる意向を固めた。

野田聖子氏
野田聖子氏

 総裁選を戦った野田聖子・元総務相(61)の入閣も内定した。総裁選で掲げた経済安全保障推進法の制定に向け、担当閣僚を置く方針だ。

 岸田氏は4日召集の臨時国会で第100代首相に指名された後、直ちに組閣に着手し、岸田内閣を発足させる。2日は自民党本部で、官房長官に内定している松野博一・元文部科学相(59)らと人事や8日の所信表明演説について協議した。岸田氏は「しっかり人事を固めたい」と記者団に語った。

 初入閣が固まった小林氏は財務省出身で、二階派に所属。岸田氏が政調会長時代に設置した経済安保をテーマとする新国際秩序創造戦略本部で、座長の甘利幹事長の下で事務局長を務めた。後藤氏は衆院当選6回。政調会長代理として、新型コロナウイルス対策に関する政府・与野党連絡協議会で野党との交渉にあたり、新型インフルエンザ対策特別措置法の改正案をまとめた。厚生労働相での起用案がある。

岸信夫氏
岸信夫氏

 閣僚人事では、岸信夫防衛相(62)の再任が内定した。岸氏は安倍前首相の実弟。安全保障環境が厳しさを増す中、安保政策の継続性が必要と判断したとみられる。竹下派の西銘恒三郎・元経済産業副大臣(67)、二之湯智参院政審会長(77)の初入閣も固まった。麻生派の山際大志郎・元経産副大臣(53)は入閣させる方向で調整している。

 このほか、財務相に鈴木俊一・元総務会長(68)を充て、茂木敏充外相(65)は再任する。細田派の萩生田光一文部科学相(58)の閣僚起用と岸田派の金子恭之・元国土交通副大臣(60)の初入閣も内定している。

 一方、歴代最長の約9年にわたって事務の官房副長官を務めた杉田和博氏の後任には、栗生俊一・元警察庁長官(62)が内定した。栗生氏は警察庁官房長なども歴任し、他省庁との人脈も深い。

 政務の首相秘書官には、内定している嶋田隆・元経産次官(61)に加え、岸田氏の事務所で秘書を務める山本高義氏(49)も起用することを決めた。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2414008 0 政治 2021/10/03 05:00:00 2021/10/03 09:45:45 2021/10/03 09:45:45 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211003-OYT1I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)