読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

護衛艦「いずも」で米軍「F35B」が初めて発着艦試験に成功

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

護衛艦「いずも」に着艦する米海兵隊の「F35B」(3日)=防衛省提供
護衛艦「いずも」に着艦する米海兵隊の「F35B」(3日)=防衛省提供

 防衛省は5日、海上自衛隊の護衛艦「いずも」で、米軍の最新鋭ステルス戦闘機「F35B」が初めて発着艦試験を実施し、成功したと発表した。同省は2023年度までに航空自衛隊にF35Bを導入する計画で、洋上での防空作戦能力の向上を目指している。

 同省によると、試験は3日、四国沖の太平洋上で実施した。F35Bは垂直着陸が可能だが、着艦時に護衛艦の甲板は高温の排気熱にさらされる。同省は耐熱塗装を施すなどの改修を進めており、今回は米軍岩国基地(山口県岩国市)に配備されている米海兵隊のF35Bを使って課題がないか調べた。

 岸防衛相は5日の記者会見で、「米国の支援を受けた検証作業の実施は、日米の緊密な協力を示すものだ。今後も海空領域での能力向上を図る」と強調した。同省は、いずも型護衛艦の「かが」についても改修を予定している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2420713 0 政治 2021/10/05 21:30:00 2021/10/05 21:30:00 2021/10/05 21:30:00 護衛艦「いずも」に垂直着陸する米海兵隊の戦闘機「F35B」(3日)=防衛省提供 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211005-OYT1I50166-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)