連合新会長、立共合意に「閣外協力あり得ない」…枝野氏「ご心配には及ばない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 連合の芳野友子会長は7日、東京都内で会長就任後初の記者会見を開いた=写真=。次期衆院選で立憲民主党中心の政権が樹立された場合、共産党が「限定的な閣外協力」をするとした立民、共産両党の合意について、「共産との閣外協力はあり得ない」と述べ、否定的な見解を示した。

 連合は衆院選の方針に「共産党を含む野党共闘にはくみしない」と明記し、立民と国民民主党の支援を決めている。芳野氏は「合意を盾に(立民の)連合推薦候補に共産の政策をねじ込もうという動きがある」と述べ、不快感を示した。立民の枝野代表と近く会談し、こうした考えを伝える意向も明らかにした。

 枝野氏は7日の記者会見で、「(合意は)連合にも理解いただける内容と思っている。ご心配には及ばない」と述べ、協力は限定的な範囲にとどまるとの認識を強調した。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2427609 0 政治 2021/10/08 05:00:00 2021/10/08 12:38:12 2021/10/08 12:38:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211007-OYT1I50179-T-e1633649288828.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)