読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

岸田首相、就任後初の岩手・宮城訪問…「東北の復興なくして日本の再生なし」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岸田首相は16日、岩手、宮城両県を訪問し、東日本大震災の被災地の復興状況を視察した。首相の被災地視察は就任後初めて。

黙とうをささげる岸田首相(中央)(16日、石巻市の石巻南浜津波復興祈念公園で)=代表撮影
黙とうをささげる岸田首相(中央)(16日、石巻市の石巻南浜津波復興祈念公園で)=代表撮影

 首相は、岩手県陸前高田市の高田松原津波復興祈念公園で献花し、黙とうをささげた後、同県大船渡市の魚市場で漁業者らと「車座対話」を行った。出席者が「水産加工は人が集まらない」と訴え、外国人技能実習生の受け入れ再開を求めた。

 現在、新型コロナウイルスの水際対策の一環で、外国人の新規入国が原則できない状況となっている。首相は「相手国の状況をしっかり確認しながら不安のない形で、できるだけ広げていく」と応じた。

 首相はその後、宮城県松島町でも観光業関係者と車座対話を行った。一連の視察を終えた後、首相は「東北の復興なくして日本の再生なし。こうした方針のもとしっかり努力を続けたい」と記者団に述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2448795 0 政治 2021/10/16 22:12:00 2021/10/17 09:02:57 2021/10/17 09:02:57 献花し、黙とうをささげる岸田首相(手前右)(代表撮影)(気仙沼市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211016-OYT1I50093-T-e1634428972203.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)