読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新橋の居酒屋、首相が飲食店経営者と「車座対話」…厳しい経営に「後押しする補助金用意」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岸田首相は18日、新型コロナウイルス対策を巡り、ワクチン接種証明書などを活用して行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」の実証調査を飲食店でも開始すると表明した。21日から京都府で始める。

 実証調査は、すでにスポーツなどの大規模イベントで実施している。飲食店では、京都で21日~11月3日に23店舗、北海道で10月22~30日に2店舗、福岡県で25~29日に1店舗で行う。ワクチン接種証明書か、検査の陰性証明を持つ人を対象に5人以上の会食も可能とする。

飲食店経営者らと意見交換する岸田首相(左から2人目)(18日午前、東京都港区で)=代表撮影
飲食店経営者らと意見交換する岸田首相(左から2人目)(18日午前、東京都港区で)=代表撮影

 これに関連し、首相は東京・新橋の居酒屋で飲食店経営者と「車座対話」を行った。緊急事態宣言は9月末で解除されたが、飲食店側からは「経営状況は厳しい」との意見が相次いだ。首相は「後押しになるような補助金を用意しなければならない」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2452825 0 政治 2021/10/18 21:43:00 2021/10/18 23:51:32 2021/10/18 23:51:32  飲食店経営者らと意見交換する岸田首相(左から2人目)=18日午前8時30分、東京都港区の「磯丸水産食堂新橋烏森通り店」(代表撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211018-OYT1I50113-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)