読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

北ミサイル発射、日米韓が連携確認「米国の関与は揺るがない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=田島大志】北朝鮮を担当する日本と米国、韓国の実務者が19日、ワシントンで会談した。北朝鮮による弾道ミサイル発射に関する分析を共有し、北朝鮮を巡る緊張の緩和に向け、日米韓で緊密に連携していくことを確認した。

 協議には、外務省の船越健裕アジア大洋州局長、米国のソン・キム北朝鮮担当特使、韓国外交省の 魯圭悳ノギュドク 朝鮮半島平和交渉本部長が参加した。3者の協議は9月14日以来となる。

 日本側同行筋によると、船越氏は協議で19日の北朝鮮によるミサイル発射について「強く非難する」と述べ、米韓両国も懸念を表明した。

 米国務省の発表では、キム氏は北朝鮮に対話に応じるよう引き続き求める考えを示し、北朝鮮の国民に対する人道的支援を行う用意があることも表明した。

 ジェン・サキ大統領報道官は19日の記者会見で、「日本と韓国の防衛に対する米国の関与は揺るがない」と述べた上で、北朝鮮情勢の安定化に向けた外交努力と、北朝鮮との直接対話の重要性を強調した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2456452 0 政治 2021/10/20 10:18:00 2021/10/20 10:18:00 2021/10/20 10:18:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)