読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

鹿野道彦・元農相が死去、79歳…自民党時代は「清和会のプリンス」と呼ばれる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 民主党政権などで農相を務めた元衆院議員の鹿野道彦(かの・みちひこ)氏が21日午後8時3分、真性多血症のため、山形市内の病院で死去した。79歳だった。告別式は、26日午後1時半、山形市鉄砲町2の21の25のセレモニーホール山形。喪主は長男、雄一氏。

鹿野道彦元農相
鹿野道彦元農相

 鹿野氏は1976年衆院選で初当選した。自民党時代は「清和会(現・細田派)のプリンス」と呼ばれ、若手のリーダーとして注目された。農相や総務庁長官を歴任したが、94年4月に離党。新進党などを経て、民主党に参加し、菅、野田両内閣で農相を務めた。当選11回。

 民主党代表選に2回出馬した。2011年8月の代表選では決選投票の際、上着を脱ぐ「サイン」で、自陣営に支持候補を伝えたことが話題を呼んだ。12年12月の衆院選で落選し、13年7月の参院選比例選で民主党から出馬したが、議席を得られず、政界を引退した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2462845 0 政治 2021/10/22 13:57:00 2021/10/23 01:51:12 2021/10/23 01:51:12 民主党代表選挙の立会演説会で演説する鹿野道彦前農相(福岡市のホテルで)2012年9月17日、貞末ヒトミ撮影 =取り扱い注意= https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211022-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)