読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

イベント上限「1万人」の撤廃決定…来月から「5千人」か「定員の50%内」に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は28日、新型コロナウイルス対策として、大規模イベントの参加人数の制限を緩和し、「1万人」の上限を撤廃することを決めた。専門家でつくる新型コロナ対策分科会で政府案が了承された。11月からは全国で上限が「5000人」または「収容定員の50%以内」のいずれか多い方となる。

 現在、スポーツや音楽などのイベントでは、全国で「5000人」または「収容定員の50%以内」の制限がある。これに加えて、9月末に緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除された東京、大阪など27都道府県では、約1か月間の経過措置として「上限1万人」が課されてきた。

 政府は、感染状況が順調に改善しているとみて、宣言や重点措置が適用されていなかった20県での制限まで緩和できると判断した。大声での歓声などを伴うイベントは、引き続き「収容定員50%以内」の制限は加わる。都道府県が独自の制限を設ける場合もある。

 政府は今後、さらに緩和を進めるため、ワクチン接種証明書や検査の陰性証明書を持つ人を対象に、収容定員100%を認める実証調査を進めている。問題がなければ、11月中にも新たな緩和策を示す考えだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2478218 0 政治 2021/10/28 20:16:00 2021/10/28 22:00:11 2021/10/28 22:00:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211028-OYT1I50107-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)