北ミサイル「2発」から「1発」に訂正…宇宙空間の人工物を誤認、防衛省「能力向上に努める」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

防衛省
防衛省

 防衛省は9日、これまで「2発」としてきた北朝鮮による10月19日の弾道ミサイル発射について、分析の結果「1発」だったと訂正した。自衛隊の警戒監視レーダーが、宇宙空間の人工物を弾道ミサイルと誤認したという。

 韓国軍は当初から、新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)1発だと発表し、日韓で認識が食い違っていた。同省は「今回のようなことが再びないよう、能力向上に努める」とした。

 また、同省は10月19日の新型SLBMに関する新たな分析結果も発表した。SLBMは「コレ級」潜水艦から発射され、一度降下してから再上昇する変則軌道を描いたとしている。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2507588 0 政治 2021/11/09 20:34:00 2021/11/09 20:48:52 2021/11/09 20:48:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211109-OYT1I50109-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)