19日告示の立民代表選、出馬表明いまだゼロ…4氏が検討も党重鎮「適任者がいない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 立憲民主党代表選(19日告示、30日投開票)は、枝野幸男前代表の辞任表明から約2週間たっても出馬表明がゼロという異常事態となっている。4氏が出馬を検討しているものの、衆目の一致するリーダー不在という現状が垣間見える。党勢が低迷する中で「火中の栗」を拾うことへのためらいもあるようだ。

立憲民主党
立憲民主党

 立民代表選には、小川淳也・元総務政務官、西村智奈美・元厚生労働副大臣、大串博志役員室長、泉健太政調会長の4氏が出馬を検討している。

 小川氏が所属する党内最大のグループ「サンクチュアリ」は15日、国会内で役員会を開いたが、結論は出なかった。会長の近藤昭一衆院議員は、記者団に「何とか意見を集約したい」と述べるにとどめた。菅直人元首相が率いる「国のかたち研究会」もこの日、所属する西村氏の擁立を念頭に幹部が協議したが、対応は決まらなかった。

 泉氏の出馬を求める党所属の地方議員は15日、申し入れ書を泉氏の事務所に提出した。大串氏は目立った動きを見せなかった。

 立民を創設した前代表の枝野氏は、民主党政権で官房長官などを歴任し、「枝野1強」と呼ばれるトップダウン型の党運営で存在感を示してきた。だが、今回出馬を検討する4氏は、いずれも要職経験に乏しい。党重鎮は「来年夏の参院選を勝利に導く強い代表を選ばなければならないが、適任者がいない」と人材不足を懸念する。先の衆院選で公示前から14議席減らした立民にとって、代表選の出馬に必要な推薦人の20人が「間尺に合わない」(若手)との指摘もある。

 惨敗からの党再建は容易ではない。共産党との共闘は一定の効果を示したとの評価もあるが、最大の支持団体である連合は共産との接近に反発している。「新代表は連合と共産の間で身動きが取れなくなるだろう。誰がやっても難しい役回りだ」(党関係者)との見方が大勢で、4氏とも互いの出方をうかがう状況が続いている。

 いまだ出馬表明がない状況に、党内では焦りの色も漂う。党中堅は「選挙で負けたのに余裕はない。一刻も早く党再生に向けて動き出さなければ、参院選で党が分裂し、なくなるかもしれない」と語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2522557 0 政治 2021/11/15 21:43:00 2021/11/16 08:29:53 2021/11/16 08:29:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211115-OYT1I50097-T-e1637018988765.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)