【独自】接種困難者らに無料PCR、補正予算で3000億円計上へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、新型コロナウイルス感染の「第6波」対策として、体質などでワクチンを打てない人や無症状者が受けるPCR検査を無料にするため、2021年度補正予算案に約3000億円を計上する方針を固めた。

首相官邸
首相官邸

 複数の政府関係者が明らかにした。政府は、感染対策と日常生活の両立を図るため、ワクチン接種証明書か、検査の陰性証明書を活用する「ワクチン・検査パッケージ」を使い、イベントなどの人数制限などを緩和する方針だ。

 パッケージ利用の定着、促進を図るため、来年3月までの間、健康上の理由でワクチンを接種できない人を対象に検査を無料とする。

 さらに、感染の拡大時、都道府県知事が新型インフルエンザ対策特別措置法に基づき、感染に不安を感じる無症状者に検査を受けることを要請した場合も、検査を無料化する。

 いずれも民間の検査機関や薬局などでの対面による検査が原則となる。

 政府は補正予算案に地方創生臨時交付金として、約6兆8000億円を計上する方針で、約3000億円はこの中に設けた「検査促進枠」から捻出する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2545841 0 政治 2021/11/25 05:00:00 2021/11/25 05:43:02 2021/11/25 05:43:02 首相官邸。東京都千代田区永田町で。2020年9月28日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211125-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)