読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

首相、モザンビーク・マラウイ・ザンビアを水際強化の対象に追加…入国後10日間待機求める

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岸田首相は27日、東京都内で記者団に対し、新型コロナウイルスの新たな変異株が発見されたことを受け、南アフリカなどアフリカ6か国に適用している水際強化策について、モザンビーク、マラウイ、ザンビアの3か国を追加することを明らかにした。28日午前0時から適用する。

岸田首相
岸田首相

 政府は27日午前0時から南ア、ナミビア、ジンバブエ、ボツワナ、レソト、エスワティニの各国からの帰国者らに、入国後10日間、政府が指定する施設での待機を求めている。

 また、政府は今月8日より、留学生や技能実習生などを対象に、世界各国からの外国人の新規入国を条件付きで解禁しているが、これらの9か国からの新規入国は認めない。

 新型の変異株は香港やベルギーなどでも見つかっており、政府は水際強化策のさらなる拡大も検討する。

 首相は「新しく発見された変異株に対しても水際対策、しっかり行っていきたい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2552698 0 政治 2021/11/27 16:26:00 2021/11/27 17:46:02 2021/11/27 17:46:02 経済財政諮問会議であいさつする岸田首相(19日午後4時46分、首相官邸で)=鈴木毅彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211127-OYT1I50085-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)