菅前首相、コロナ対策に「朝から晩まで取り組んだ」…講演で成果強調

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党県支部連合会の政経文化パーティーが27日、和歌山市湊通丁北のホテルアバローム紀の国で開かれた。和歌山県内の首長や党所属議員ら約1000人が集まり、来賓として招かれた菅義偉・前首相が首相時代の約1年間について講演した。

首相時代の取り組みを語る菅前首相
首相時代の取り組みを語る菅前首相

 今秋の衆院選で自民党が単独で絶対安定多数を確保したことを祝い、県連の結束を固めるために開催された。衆院の二階俊博議員、石田真敏議員のほか、参院の世耕弘成議員、鶴保庸介議員が出席し、県選出の自民党国会議員が一堂に会した。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため飲食や乾杯のセレモニーはなかったが、冒頭、二階議員が「和歌山のさらなる発展のために、自民党が先頭に立ち続ける」とあいさつすると、会場から大きな拍手が起こった。

 その後演台に立った菅前首相は、国のリーダーとしての奮闘を振り返り「朝から晩までコロナ対策に取り組んだ。霞が関の総力を挙げてワクチン接種事業に挑み、感染者数の減少につながった」と成果を強調。「これからも地方と都市が支え合う日本を作っていきたい」などと抱負を語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2554226 0 政治 2021/11/28 13:07:00 2021/11/28 16:10:03 2021/11/28 16:10:03 コロナ対策やデジタル庁の創設などに力を注いだ首相時代について講演する管前首相 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211128-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)