連合会長「立民と国民の合流求めていく」…共産との共闘は「あり得ない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 連合の芳野友子会長は28日、BSテレ東の番組で、今後の野党共闘について、「立憲民主党、国民民主党、連合が協力し合って戦える関係をつくっていきたい」と述べ、「立民と国民の合流は今後も求めていきたい」と強調した。

連合の芳野会長
連合の芳野会長

 立民と共産党の共闘については「連合の立場としては、あり得ないということは言い続けていきたい」と改めて見直しを求めた。来年夏の参院選に向けて「野党共闘の中に考え方の違う共産党が入ってくることは、ちょっと考えなければいけない」と指摘した。

 30日に選出される立民の新代表に関しては「しっかりとコミュニケーションをとり、連合の考え方を示して理解をいただきたい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2554512 0 政治 2021/11/28 17:42:00 2021/11/28 18:13:32 2021/11/28 18:13:32 連合の芳野友子会長。東京都千代田区で。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211128-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)