[深層NEWS]日本の食料安保、自民・佐藤氏「オミクロン株感染拡大で輸入価格上がる」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の佐藤正久・外交部会長と資源・食糧問題研究所の柴田明夫代表が29日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、食料危機への懸念や日本の食料安全保障について議論した。

 佐藤氏は、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大を受け、「(オミクロン株の)感染が強いだけに(輸入した食品の)価格が上がる。相当の影響が出るのは必至だ」と述べた。柴田氏は、日本が食料の確保を海外に依存していることを指摘し、「日本の農業の 脆弱ぜいじゃく 性が表れている」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2558239 0 政治 2021/11/30 00:12:00 2021/11/30 00:12:00 2021/11/30 00:12:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)