立民新代表の泉氏、共産との連携見直す考え…「党として総括しなければ」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 立憲民主党は30日、東京都内で開いた臨時党大会で代表選を行い、泉健太政調会長(47)を新代表に選出した。泉氏は1回目の投票でトップに立ち、決選投票で逢坂誠二・元総務政務官(62)を破った。任期は2024年9月まで。

立憲民主党の新代表に選ばれた泉健太氏(左から2人目、中央は枝野前代表)(30日午後3時21分、都内で)=沼田光太郎撮影
立憲民主党の新代表に選ばれた泉健太氏(左から2人目、中央は枝野前代表)(30日午後3時21分、都内で)=沼田光太郎撮影

 泉氏は代表選出後の記者会見で、「党の政策、考え方を多くの国民に理解してもらい、共感してもらえる人を増やしていくことが重要だ」と述べ、党の立て直しに全力を挙げる考えを強調した。

 先の衆院選で共産党と合意した「限定的な閣外協力」について、「単に継続ではなく、党として総括しなければならない」と見直す考えを示した。一方、国民民主党については「近い政党で兄弟のように思われている」と述べ、関係改善に意欲を見せた。

 執行部人事について、代表選で戦った逢坂氏、小川淳也・元総務政務官(50)、西村智奈美・元厚生労働副大臣(54)の3氏を登用すると表明。執行役員の半数を女性とする考えも示した。

 代表選は、衆院選で敗北した枝野幸男・前代表の引責辞任に伴うもので、国会議員、参院選公認候補予定者、地方議員、党員・協力党員(サポーターズ)によるポイント制で争われた。

 1回目投票では、泉氏が189ポイント、逢坂氏が148ポイント、小川氏が133ポイント、西村氏が102ポイントだった。4氏とも過半数に届かなかったため、泉、逢坂両氏が国会議員、参院選公認候補予定者、都道府県連の代表者による決選投票に進んだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2560326 0 政治 2021/11/30 20:41:00 2021/12/01 01:13:43 2021/12/01 01:13:43 代表選を決選投票で争った、新代表に選ばれた泉健太政調会長(左から2人目)と逢坂誠二・元総務政務官(右から2人目)(30日午後3時21分、東京都港区で)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211130-OYT1I50118-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)