立民新幹事長に西村氏、代表代行は逢坂氏…政調会長には小川氏を起用

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 立憲民主党の泉代表は1日、新執行部の人事について、幹事長に西村智奈美・元厚生労働副大臣(54)を起用すると発表した。代表代行に逢坂誠二・元総務政務官(62)、政調会長に小川淳也・元総務政務官(50)を起用する。代表選を争った3氏の要職起用には、党内融和を図る狙いがあるとみられる。

泉健太代表
泉健太代表

 新執行部は2日に開く両院議員総会の承認を得て、正式に発足する。3氏のほか、国会対策委員長に馬淵澄夫・元国土交通相(61)、選挙対策委員長に大西健介政調会長代理(50)を充てる人事も合わせて発表した。

 幹事長に起用された西村氏は代表選で、共産党との共闘を進めた枝野幸男・前代表の路線継承のほか、女性議員数の増加や多様性を重視する立場を訴えていた。

 泉氏は記者団に対し、西村氏の起用の理由について、「多様性の尊重を訴えてきた政党なので、具現化していきたい」と説明した。西村氏は「代表を支え、国民のための政治を行う政党だと示したい」と意気込みを語った。

 国対委員長に内定した馬淵氏は代表選で泉氏の推薦人だったほか、選対委員長に就く大西氏は泉陣営の選対事務局長を務めていた。泉氏は、6日に召集される臨時国会での対応や、来夏の参院選に向けた選挙区調整など、党が直面する直近の課題に取り組むポストには自身に近い議員を配置した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2562564 0 政治 2021/12/01 15:28:00 2021/12/01 21:23:52 2021/12/01 21:23:52 立民新代表に選出され、感謝の言葉を述べる泉健太政調会長(30日午後3時17分、東京都港区で)=沼田光太郎撮影立憲民主党の新代表に選出され、感謝の言葉を述べる泉健太氏(30日午後3時17分、都内で)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211201-OYT1I50091-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)