読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[深層NEWS]文通費は「永田町の悪い慣例主義」…「領収書を提出する必要がある」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本維新の会の馬場伸幸共同代表と元東京地検特捜部副部長の若狭勝・元衆院議員が2日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、文書通信交通滞在費(文通費)について議論した。

 馬場氏は「議員の身分に関わることは全会一致が原則で、永田町の悪い慣例主義で変わらなかった」と語った。在職日数に応じた日割り支給に改め、使途公開を義務づける歳費法の改正を与野党に求めていく考えを強調した。

 若狭氏は「領収書を提出する必要がある。国民がチェックし、議論するためのデータとしても意味がある」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2566504 0 政治 2021/12/03 00:21:00 2021/12/03 00:21:00 2021/12/03 00:21:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)