[深層NEWS]台湾に圧力強める中国、笹川平和財団・小原氏「日本も有事として対応する可能性」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の松川るい参院議員と笹川平和財団の小原凡司上席研究員、明海大の小谷哲男教授が3日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、台湾への圧力を強める中国の軍事力について議論した。

 松川氏は、「日本自身が防衛力を高める必要がある」と主張した。小原氏は、「中国が台湾に武力侵攻したら、日本も有事として対応する可能性がある」と指摘した。小谷氏は、「中国は核戦力を増強しており、(米国に)かなり近づく恐れがある」と分析した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2568998 0 政治 2021/12/04 00:34:00 2021/12/04 00:34:00 2021/12/04 00:34:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)