読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

95人の安倍派、際立つ存在感…初パーティーに首相・麻生副総裁・茂木幹事長も出席

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党安倍派は6日、安倍元首相が会長に就任後初となる政治資金パーティーを東京都内のホテルで開いた。党内最大の95人を率いる安倍氏の存在感は党内でさらに高まっており、岸田首相(党総裁)との間合いや派内の結束に向けた手腕に注目が集まっている。

自民党安倍派のパーティーであいさつする安倍元首相(6日午後、東京都港区で)=大石健登撮影
自民党安倍派のパーティーであいさつする安倍元首相(6日午後、東京都港区で)=大石健登撮影

 「95人が一致結束して岸田政権を支えていくことを約束したい。それが私たちの責任だ」。安倍氏はこの日のパーティーでこう強調した。首相のほか、党側からは麻生副総裁、茂木幹事長らが駆けつけ、首相は「岸田内閣をど真ん中で支えてくださっている。大変ありがたいことで、政治の安定で大きな意味を持っている」と持ち上げた。

自民党安倍派のパーティーで乾杯する安倍元首相(右から4人目)ら(6日午後、東京都港区で)=大石健登撮影
自民党安倍派のパーティーで乾杯する安倍元首相(右から4人目)ら(6日午後、東京都港区で)=大石健登撮影

 安倍氏は11月、前身の細田派を引き継いで新会長に就任した。所属議員数は先の衆院選で一時減ったものの、新人の加入などで衆院解散前の95人をすぐに回復した。党所属議員の4人に1人を占め、続く麻生派(53人)以下を引き離す。

 安倍氏は岸田内閣を支持する姿勢を一貫して示し、麻生氏とは安倍内閣時代からの盟友だ。第5派閥の岸田派(宏池会)を率いる首相は、「後ろ盾」の安倍氏に配慮しながら、麻生、茂木両氏と連携を強めて基盤を固める戦略を描く。

 だが、岸田、麻生両氏の接近には、安倍派内から「派閥の結集を目指しているのでは」(ベテラン)と警戒する声がある。麻生派は宏池会の流れをくみ、岸田、麻生両派を合わせれば安倍派と匹敵するためだ。首相はかつて、再結集による「大宏池会」構想に意欲を示したことがあり、安倍氏は連携の進展を注視しているとされる。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2575967 0 政治 2021/12/06 23:14:00 2021/12/07 00:34:13 2021/12/07 00:34:13 自民党安倍派のパーティーであいさつする安倍元首相(6日午後6時13分、東京都港区で)=大石健登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211206-OYT1I50130-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)