帰国者の3日間「停留」措置、米・豪・印の一部エリアも対象に追加

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は6日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を理由とした水際対策の強化策として、日本人帰国者らに3日間の「停留」措置を取る対象地域を拡大すると発表した。

首相官邸
首相官邸

 新たに対象となるのは、米国の一部(コネティカット州、ネブラスカ州、ペンシルベニア州、マサチューセッツ州、ミズーリ州、メリーランド州、ワシントン州)、豪州の一部(キャンベラがある首都特別地域)、インドの一部(マハラシュトラ州)。8日午前0時から開始する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2576066 0 政治 2021/12/07 00:10:00 2021/12/07 00:32:02 2021/12/07 00:32:02 首相官邸。東京都千代田区永田町で。2020年9月28日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211206-OYT1I50153-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)