日英外相会談、インド太平洋の平和と繁栄で一致…ワクチン接種推進も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 先進7か国(G7)外相会合で訪英中の林外相は11日午前(日本時間11日午後)、英中部リバプールでエリザベス・トラス英外相と約30分間会談した。両外相は、中国が影響力を強めるインド太平洋地域の平和と繁栄に向けて協力を深めていく方針で一致した。

マスクいるか・いらないか、イラストで目安…厚労省がチラシ作成
林外相
林外相

 会談では、林氏が「強固な日英関係の更なる進展を議論したい」と呼びかけると、トラス氏は「経済安全保障を含めて様々な分野で協力を深化させたい」と応じた。両外相は、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大を踏まえ、世界的なワクチン接種の拡大を推進する方針も確認した。

 林氏は同日、ブリンケン米国務長官とも会談した。外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)の早期開催を改めて確認し、日米関係の連携強化で一致した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2590191 0 政治 2021/12/11 21:34:00 2021/12/11 23:04:12 2021/12/11 23:04:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211211-OYT1I50122-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)