【独自】3回目接種、6か月間隔に前倒し対象を拡大…医療従事者と施設入所高齢者

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種を巡り、2回目から「原則8か月以上」としていた接種間隔を6か月に短縮する対象を、医療従事者らと、高齢者施設などに入所する基礎疾患を持つ高齢者に拡大する方向で調整に入った。約1400万人が対象となる見通しだ。

大阪府で新たに2万2051人コロナ感染…1週間前から300人以上減

 複数の政府関係者が明らかにした。政府は17日にも前倒し接種の対象を決定し、その後、自治体に通知する方針だ。政府はさらに、来年2月以降、基礎疾患がない高齢者を対象に接種間隔を「7か月」に短縮する案も検討している。対象者として約1700万人を見込んでいる。

モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン=ロイター
モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン=ロイター

 いずれも現行のワクチン供給計画と余剰分の活用で対応可能で、モデルナ製とファイザー製のワクチンを使用する。政府はこれまで、医療機関などでクラスター(感染集団)が発生した時などに限り、利用者や従業員に例外的に6か月への短縮を認めていた。

 岸田首相は、新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大が懸念されていることを踏まえ、3回目接種をできる限り前倒しする方針を表明。厚生労働省がワクチン供給量などを見極め、拡大の対象を検討してきた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2600655 0 政治 2021/12/16 05:00:00 2021/12/16 05:08:32 2021/12/16 05:08:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211216-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)