F2後継機開発に858億円、最新兵器「レールガン」などの研究費137億円

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岸防衛相は22日午前の記者会見で、2022年度予算案に、航空自衛隊F2戦闘機の後継機開発費として858億円を計上することを明らかにした。鈴木財務相と岸氏が同日の閣僚折衝で合意した。政府はF2の退役が始まる35年頃から後継機の配備を目指す。

防衛省
防衛省

 閣僚折衝では、強力な電気エネルギーを利用して破壊力を高める最新兵器「レールガン」(電磁砲)や、無人機(ドローン)などを瞬間的に無力化できる「高出力マイクロ波」照射装置の研究費に137億円を盛り込むことも確認した。岸氏は「最先端技術への投資を大幅に増やし、研究開発を加速していく」と強調した。

 政府は22年度予算案の防衛費について、中国の軍事力強化などを念頭に、過去最大となる5兆4000億円規模とする方針を固めた。21年度当初予算の5兆3422億円を上回り、10年連続の増加になる。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2619246 0 政治 2021/12/22 13:17:00 2021/12/22 13:21:11 2021/12/22 13:21:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211222-OYT1I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)