立民、党独自の「文通費」使途公開を見送り方針…西村幹事長

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

立憲民主党の西村幹事長
立憲民主党の西村幹事長

 立憲民主党の西村幹事長は28日の記者会見で、文書通信交通滞在費(文通費)について、自主的な使途公開を当面の間、行わない方針を明らかにした。西村氏は「全議員が同じルールで公開するのが筋だ」と述べ、党独自に公開することには慎重な姿勢を示した。

 西村氏は「望ましい公開ルールを研究していきたい」と述べ、使途公開に向けた検討を継続する考えも示した。立民は文通費の使途公開を義務づける歳費法改正案を臨時国会に提出し、党独自に使途公開の取り組みについても議論を進めていた。だが、法案成立前の党独自の使途公開には、党内の慎重論が根強かった。

 文通費を巡っては日本維新の会が独自に使途を公開しており、国民民主党も公開する方針を決めている。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2637876 0 政治 2021/12/29 07:16:00 2021/12/29 07:44:22 2021/12/29 07:44:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211229-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)