首相、「オミクロン株の状況注視」を指示…1月2日まで都内ホテルで静養

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

岸田首相
岸田首相

 岸田首相は31日、首相公邸で松野官房長官や厚生労働省の吉田学次官らと新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染状況などについて協議した。首相は「緊張感を持って状況を注視するように」と指示した。

「屋外・会話なし」マスク不要、政府見解きょうにも発表…電車・バスでは着用 

 出席者によると、感染者数のほか、PCR検査の体制や経口薬(飲み薬)の普及状況、年末の人出の変化などを確認した。首相はその後、東京都内のホテルに入った。1月2日まで家族と静養する予定だ。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2641763 0 政治 2021/12/31 18:42:00 2021/12/31 19:46:42 2021/12/31 19:46:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211231-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)