パスポート申請、一部オンライン化へ…郵送での交付も検討方針

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 外務省は、来年度から旅券(パスポート)の発行手続きの一部オンライン化を開始する。本人確認を要するパスポートの交付作業は対面で行うが、申請書類の提出はオンラインでできるようにする。

外務省
外務省

 現在、パスポートの発行手続きは全て紙の書類で行われ、申請者は申請書類の提出とパスポート交付の最低2回、旅券事務所に出向く必要がある。

 オンライン化されれば、基本的に交付の際にのみ事務所に行けばよくなり、手続きを簡便化できるメリットがある。ただ、新規に申請する場合は、戸籍謄本の原本を事務所に持参する必要がある。

 同省はオンライン申請の普及率などを踏まえ、郵送での交付についても2024年度以降に検討する方針だ。これまで対面で行っていた本人確認をマイナンバーカードの活用で代行できるよう、システム構築を含めて検討する。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2642271 0 政治 2022/01/01 05:00:00 2022/01/02 17:50:12 2022/01/02 17:50:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220102-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)