無車検疑いで書類送検の武井衆院議員、与野党から批判相次ぐ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の武井俊輔衆院議員(比例九州、当選4回)が道路運送車両法違反(無車検)などの容疑で書類送検されたことを受けて、与野党からは5日、武井氏への批判や説明を求める声が相次いだ。

武井俊輔氏
武井俊輔氏

 自民党の茂木幹事長は、記者会見で「極めて遺憾だ。まず本人がしっかりと説明責任を果たすことが重要だ」と述べた。立憲民主党の西村幹事長も記者団に「武井氏は地元の有権者や国民に説明する責務がある。自民党にも努力してもらいたい」と求めた。

 武井氏は書類送検を受け、「反省している」などとするコメントを発表したが、5日は本人が記者会見を開くなどの対応はしなかった。

 武井氏ら2012年衆院選で初当選した自民党議員は、不祥事が続出し、17年の3回目の当選以降は「魔の3回生」とも呼ばれていた。武井氏は、岸田首相率いる岸田派に所属しており、同派内からも「首相を支える立場にありながら足を引っ張っている」(中堅)と突き放す声が出ている。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2651408 0 政治 2022/01/05 20:21:00 2022/01/06 07:11:24 2022/01/06 07:11:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/takei-1.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)