政府、濃厚接触者の待機期間を10日に短縮…社会機能維持

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は14日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」対策として、感染者の濃厚接触者に求める自宅や宿泊施設での待機期間を現行の14日間から10日間に短縮すると発表し、都道府県に通知した。同株の潜伏期間が従来株より短いため、短縮可能と判断した。帰国者と入国者全員に求めていた入国後14日間の待機期間も、10日間への短縮を決めた。

「オミクロン株」(国立感染症研究所提供)
「オミクロン株」(国立感染症研究所提供)

 岸田首相が14日、首相官邸で後藤厚生労働相らと協議し、決定した。濃厚接触者が急増すれば医療従事者や公共交通機関の従業員など社会機能の維持に欠かせない「エッセンシャルワーカー」で欠勤が相次ぎ、業務に支障が出るとの懸念が出ていた。

 エッセンシャルワーカーに限っては地方自治体の判断で、感染者と最後に接触した日から6日目のPCRか抗原定量検査で陰性が確認されるか、より簡易な抗原定性検査で6、7日目連続の陰性が確認されれば待機解除を認める。エッセンシャルワーカーの範囲などは自治体の判断に委ねる。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2674840 0 政治 2022/01/14 18:40:00 2022/01/14 23:43:51 2022/01/14 23:43:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220114-OYT1I50135-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)